店舗用賃貸物件だって物上げできます

賃貸物上げのコツ

賃貸物件といえば居住用の賃貸物件を思い浮かべがちですが、住居用だけではありません。

貸店舗や貸事務所だって物上げできます!

今日は店舗の物上げのお話をしようと思います。

駅前を歩けば空室にあたる

あなたは最近町を歩きましたか?

なかなか歩くことがなくなりましたよね。

久しぶりに歩くと、「好きだったお店が変わってるなー」とか「空き店舗になってるとこ初恋の子と行ったなー」とか感傷に…

浸ってる場合じゃありません!

テナントや事務所は住居に比べて賃料が高いので、入居者を決めることができたら収入がデカイです。

オーナーも空き店舗になったら大きな収入が入ってこないので喜ばれます!

もし初恋の人と行ったことがある店舗が物上げ出来て、空き店舗の内装がそのままだったら感傷に浸りましょう 笑

無理に物上げするとトラブります

町を歩いて空き店舗を見つけると謄本だったり近所の方に聞いたりして大家さんがわかったら、新規取引のお願いに行きます。

鼻息荒くなっちゃいますが、忘れてはいけないのは賃料オーナーは少なからず不動産会社とお付き合いがあります。

他社さんに管理を任せていたり、専任を任せていたりします。

そういう物件を無理に物上げすると、任せている管理をしている不動産会社に怒られます。

怒られるくらいならまだ良くて、その管理をしてる不動産会社の物件は全て紹介不可ということになりかねません。

物件管理だけではなく仲介もやっていこうと思っている方にとってはかなりの痛手になります。

『一般媒介』がトラブルがないです。すでに何社か入ってますからね。

いやいや武市よ、大体どっかに管理任せちゃってるでしょ!と声が聞こえてきそうですが…

一般媒介物件はあります!ホントに。

思い込みで仕掛けないのはもったいないです!

自分から仕掛けた人にだけ、「え?そんな簡単に新規取引させてもらっちゃっていいの?」っていう経験が出来ます。

あとは入居者を決めることと賃貸オーナーへのフォローで信頼してもらいましょう!

まとめ

今まで意識してなかっただけで、町をちょっと歩くだけで空き店舗や空きテナントが見つかります。

素通りしていた物件が、少し行動を起こすだけで収入に変わるかもしれません。

お宝探しみたいな感覚で営業エリアを歩いてみるのも物上げには大事です。

でもあくまでも管理や専任を無理矢理物上げすることはしないでくださいね。

それと賃貸オーナーと物上げに行った時に取引をしてくれなくても去り際は大事にした方がいいです。

去り際の美学なんて言ったりしますし。

実は今お付き合いしてるところにかなり不満があって、取引はなくてもセカンドオピニオン的な第2の意見を求められて信頼をいただいて、新規取引になったなんてこともあります。

好きな子にグイグイ行き過ぎて引かれるみたいなことがないように落ち着いて礼儀正しく物上げしてください。

新人の頃よく怒られてた私が言うのもなんですが…経験談ってとこですね 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました