賃貸仲介の契約率はどのくらい?赤字にならないラインとは?

賃貸仲介のこと

不動産仲介は広告費と人件費が一番大きな経費ですね。

場所によっては店舗の賃料も気になるところではありますが。

 

これは賃貸をやっていても売買をやっていても変わらない部分です。

 

ここで気になるのはどのくらい契約ができるのかって話です。

一生懸命ネットに登録して呼び込んでも契約率が低くては出ていくばかりですからね。

 

今日は賃貸仲介の契約率についてお話していきたいと思います。

新人は20~30%の契約率

まだ何もわからない新人であれば20~30%くらいです。

不動産屋さんになりたてでこのくらいです。

 

今はお客さん自身でインターネットである程度目星をつけて、お問い合わせをしてから来店をされます。

 

もう目星をつけている物件が見ることができれば決めてしまおうって方を案内すれして部屋に問題がなければド新人でも決まります。

 

賃貸は売買ほど難しい知識を必要としませんので、フットワークの軽さと行動量でカバーできます。

 

中堅以上は50%を目指したいところ

新人時代はお客さんが「この物件が見たい」と言って来店したものをしっかり決めてくればよかったですが、中堅以上はもう少しレベルアップしたいものです。

 

たまに新人さんより売れない謎の中堅社員はいますが…上司や先輩社員がちゃんとチカラがある社員ならこうはなりません。

 

たまにインターネットからお問い合わせで物件指定で来店したお客様を決め続けたり、会社の看板で決まっているものを自らのチカラだと勘違いしてしまいがちです。

 

これは決めて当たり前です。やる気のある大学生のバイトさんでも同じくらい結果を残します。(実践済み)

 

中堅社員以上は、インターネットからのお問い合わせで物件指定で来店をして内見をしたけどイメージと違って決めなかったお客様をイチから仕切り直して決めることが出来る。

 

探してはいるけどなかなか決めきれない方の条件をしっかり整理をしてあげて、決めることができるようにしてあげることが出来る。

 

長期のお客様のお付き合いの仕方をよくわかっている。

 

これが出来れば契約率が50%以上はいくでしょうが、なかなか少ないですね。

うちナビさんはこれをしっかり指導ができる方が少ないまま店舗を増やし続けた結果、倒産してしまったのではないかなと思います。

 

言葉にすると簡単なんですけどね、意外と大変なんです。

契約率から見る売り上げ

さて、契約率の話は分かったところで次は売り上げの話です。

 

これは地域によって変わるお話なので、あなたの地域の平均賃料で考えてください。

 

例えば東京でも八王子市は比較的賃料が安めなのですが、仮に平均賃料を6万円とします。契約率は新人さん設定で30%とします。

 

お客様に20人当たれたとします。

 

すると6万×20人×30%=36万円

売り上げは36万円です。

 

んー…

 

これではお給料支払って、社会保険とか交通費とかいろいろやってたら赤字です…

お給料の3倍くらいやってくれないと経営側は厳しいです。

 

今後に期待ではありますが、かなり試行錯誤して客数を増やして契約率もしっかりあげたいところです。

 

ちなみに私は単価が低いエリアで営業していた時に契約率にこだわりすぎて、決めてもらうまで夜何時になっても帰さない鬼畜営業をやっておりましたが、申し込みはもらるんですが大体翌日キャンセルされるという苦い経験があります(爆)

 

なんと申込率100%!キャンセル率50%!契約率50%!の数字も気持ちも浮き沈みが多いw

 

このあたりのお話を聞きたい方は一緒にお酒でも飲みながらお話ししましょう(笑)

 

 

次に人気の渋谷区だったとします。

仮に平均賃料が15万円、顧客数は20人、契約率が30%とします。

 

15万円×20人×30%=90万円

売り上げは90万円です。

 

まぁまぁいいですね!

しっかりと指導が出来る上司や先輩社員がいて、契約率を50%まで伸ばすことが出来るようになれば600万円くらいのそこそこの年収がもらえる営業になれるでしょう。

インターネットに乗せる時間もタダじゃない

このようにお客様にあたれればと仮定してきましたが、お客様にあたるためにはインターネットに載せ続けなければならないわけです。

 

賃貸であれば200~300件の掲載はザラでしょう。私が大手賃貸仲介会社にいたときは営業マン8人で2000~2500件を常時広告してましたからみんな毎晩白目むいてましたよ(笑)

 

広告費もめちゃくちゃな額でしたね。

当時は勤め人でピンときませんでしたが、今になって湯水のようにお金を使っていたなと思います。

 

 

当然一人で200~300件でもこなすのはなかなか大変ですから、人が必要となり人件費がかかります。

これが賃貸仲介は広告費と人件費と言われるゆえんです。

 

そんなにお金がかけられないならまず物上げ

とにかく広告費と人件費が高いわけですが、始めたばかりでドカーンと広告費がかけるのは怖いし難しいはず。

 

だからこそ物上げです。

物上げして他社に客付けしてもらって、管理を獲得して一人くらい雇える余裕が出来てから思いっきり賃貸仲介を展開していくのはどうでしょう。リスクが少ないですよ?

エイヤー!で始めるのもありですけど、ビジネスはギャンブルではないのが私の考えです。
大きく展開していくつもりが結局一人で管理業に移行していって、楽しくやってる私の先輩もいます。

 

とりあえず一人か二人などの少人数で物上げから初めるのもなかなか手堅いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました