断り文句の「忙しい!」はホントに忙しい

賃貸物上げのコツ

物上げはかどってますでしょうか。

さて、今日は飛び込み訪問をした時に多い断り文句についてお話ししたいと思います。

アポイントとって行ってるわけではありませんのでこちらの都合で行っています。

なのでやっぱり多くなる断り文句はこちら!

断り文句の定番!「今忙しいから!」

これはとにかく話も聞きたくないから!って時によく言われます。

こんな時どうしますか?

 

まぁまぁそんなこと言わずに聞いてくださいよーってグイグイ行って

「本当に忙しいから!!」

って言われて撃沈…

 

これ、新人の時の私です(笑)

 

もう一度よーく考えてみてください

アポなしの飛び込みで訪問しているので、完全にこっちの都合でウチでも募集させてくれ!って行ってるわけです。

もちろんそこに行くまで時間使ってますから一回で媒介もらいたい気持ちはわかります。

しかし、大家さんも人ですからフツーに生活しています。

料理してるかもしれませんし、今テレビがめっちゃいいとこかもしれませんし、お出かけする直前かもしれません。

そう、本当に忙しいんです。

なのにグイグイ来られたらどうですか?

それは迷惑でしかないはずです。

 

物上げをしていると断りを頂くことが多いからなのか、ちょっと捻くれ者になってしまうかもしれません。

来たな断り文句!みたいな(笑)

たまにグイグイいっても「ったくーもぅー」みたいな感じで玄関先に出てきてくれることはあります。

けど好印象ではないです。

私ならこう言います。

いつがお手すきでしょうか?

暇な時間を聞いちゃいましょう。

断り文句にそんなこと言ったって…と思われるかもしれません。

 

しかし、案外暇な時間を教えてくれたりするんです。

 

「今日は忙しいから明日の◯時だったら空いてるよ!」

みたいな感じです。

 

それで指定された時間に行ったら「空室で困ってたからよろしくね」なんて言ってもらえて、あっさりと物上げ出来たりするんです。

 

この時に思うわけです。

本当に忙しかったんだって(笑)

 

もちろん指定された時間に行っても断られることもあります。困ってないからって。

そりゃもう仕方ない。だって困ってないんですから。

 

物上げをするときは一般媒介で空室で困ってるとこに行って募集をさせてもらう。

困っている人に喜んでもらって初めて報酬をもらう仕事です。

 

グイグイこられて苦手だなーって思う人に任せてもあんまりその後の発展も期待できないです。

紳士に行きましょう!

話す時の例文

紳士に行くのはわかったが、どうやって話すのかってとこです。

超簡単なので覚えてください。

まずチャイムを押します。

 

ピンポーン

大家「はい」

私「突然の訪問失礼します。私、賃貸仲介をしています◯◯不動産の武市と申します。お部屋が空いてるようでしたので拝見できないかと思いまして伺ったのですが」

大家「今忙しいから!」

私「お忙しいところ失礼いたしました。空室のお部屋に大変興味があり拝見させていただきたいのですが、いつがお手すきでございますでしょうか?」

 

以上です。これだけ。

あとは大家さんが何か言います。

 

明日だったらーとか、お客さんいるの?とか様々です。

自分が大家さんだったらなんて言いますか?

あなたが想定される返答に対応出来るように準備しといてください。

準備してないと焦ります。あわわわわーってなったら怪しいことしてないのにホント怪しいですから。

あとは習うより慣れろです。

まとめ

忘れてはいけないのは物上げはあくまでも募集をさせてもらうきっかけでしかありません。

でもここで失礼なことをしてしまうと信頼を得ることが難しくなるかもしれません。

空室で困ってる大家さんを見つけて満室にして喜んでもらう。入居者は部屋が見つかって嬉しい。私たちは仲介手数料がもらえて嬉しい。

まさに三方よしですね。

そのための物上げです。

しっかり話すことを準備して、落ち着いてゆっくりとはじめてくださいね。

そのきっかけから空室が出たらまた募集できたり、先々管理を任せていただいたりと長ーいお付き合いになるかもしれませんよ。

押すことばかりではなく、ちょっと引いてみるだけで成果が上がるかもしれません。

あなたの物上げのヒントになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました